「いち瑠 フェスタ」に参加した感想

いち瑠フェスタは「一年で一番安くお買い物を楽しめる日」とした いち瑠で一番大きな展示会です。
つまり商品数が一番多いということで、見ごたえ十分です。

3月から4月にかけて、東京からはじまり東京・福岡・大阪・札幌・名古屋で開催されます。

大阪会場に参加した感想などをご紹介します。

いち瑠フェスタ 入場券


いち瑠フェスタの参加するには、事前に1,000円のクーポンを購入します。

ゲッ!展示会に行くのに入場料がいるのかと思いますよね(笑)
でも、なだ万さんのお弁当は出るし、コーヒー、紅茶、ジュースなどが飲み放題だし、ウレタンマスクももらったし、十分元は取れました。

各教室にて1,000円のクーポンを購入して、何日に行くかの予約をしてから行きます。
お弁当の数があるので予約が必要です。

体験


大阪会場では、煎茶講座・友禅染め体験のどちらかを体験することができました。

私は「お茶のおいしい入れ方」の講座を受け、おいしい煎茶をいただきました。

体験や講座は年度や各会場によって違うと思いますが、どれも楽しくできるものです。
興味がない場合には体験しなくてもOKです。

展示会


各人に一人づつ担当の人が付いて会場に入ります。
いち瑠は、レッスン中にある〇〇講座などでも、販売が伴うレッスンでは必ず担当の人が付きます。今までに習ったことのある講師の場合もあるし、全然見たこともない人の場合もあります。

いち瑠フェスタで担当になった方は、着物販売をされてる方と梅田教室でお見掛けしたことのある方の2人でした。うぉ~何故2人?2人のときもあるってことで(笑)



展示会では、自由に見て回りましょう。

担当さんのことはあまり気にせず、どんどん見たいところで見たいものを見ましょう。
展示会などでは、自分のペースでいることが大切です。
あれこれすすめられますが、自分の好みを貫いてください(笑)
担当さんは着物の知識が豊富なので、わからないことを聞くと教えてくれますよ。

1年で一番大きな展示会というだけあって、大きな会場にたくさんの商品が並んでいます。

今回の目玉商品は、特選正絹小紋・絽小紋が仕立て代(裏地代込)30,000円(税込)100反限りでした。このような数量限定の商品は、早目に行くとたくさんの中から色柄を選ぶことができます。

値段交渉


欲しい商品があったら、値段交渉をすることをおすすめします。
「こんな高いの買えない」→「これなら買える」くらいになります。
※目玉商品やすでに特価になっているものは、あまり下がりません。

どんな展示会でもお店の方は電卓をポチポチして金額を提示してきます。
最初に提示された金額を確認します。
この時に着物や帯を着つけた状態なら、まず担当さんに取ってもらいましょう。
考えたいから休憩すると言えば、この時点でさらに値引きされた金額を提示されることもあります。
休憩スペースでお茶など飲んで考えます。

戻ります。考えます。値引きの金額が提示されます。おまけが付いたり、さらに下がったりいろいろあり納得できれば購入します。高いと思えば買わない。

こんな感じですね。

私は「着物も帯も〇〇円以上の物は買わない。一括で購入できない物は買わない」と自分のルールを決めているので、その範囲以上の場合には、その条件を言うとほとんどが範囲内の金額を提示されます。

それぞれ交渉するスタイルがあります。
友人は「即決するから最終の金額を提示して。それ以降に金額下げても絶対に買わないから」という交渉をします。交渉なのか?まぁ~こんな感じの人もいるってことです。


強く勧められたけど買わない場合の断り方は、下記記事を参考にしてください。

販売会のある着付け教室、買わないといけないの?
着付け教室の販売会とは?どんなものなのか、買わないといけないのか?断ることはできるのか?上手な断り方は?買わされないための心構えなどをわかりやすくお伝えします。


いち瑠フェスタ まとめ

  • いち瑠フェスタは、1年に1度の大きな展示会
  • 入場には1,000円必要だが、お弁当などで元は取れる
  • 体験がおもしろい
  • 担当さんが付くが気にすることはない
  • 購入する前に金額交渉しよう
  • クーリングオフの対象である

いち瑠フェスタの大阪会場に参加した感想などをご紹介しました。
大きな会場にたくさんの商品が並び、見るだけでも楽しいですよ。


\ 3,300円の入会金が無料に /
いち瑠
無料体験レッスン受付中
▶予約カレンダーで空き確認できます