無料の着付け教室のなぜ?からくりは?着物を買わされるの?

なぜ無料?不思議顔わんこ

着物の着付けを習おうと着付け教室を探していると「無料の着付け教室」があることに気付きます。

無料で着付けを教えてくれるなんて有り難い!
とはならず、なぜ無料なのか?何かからくりがあるんじゃないと思いますよね。

だって、イメージキャラクターに人気女優を起用してたら出演料がいるはずだし、着付けを教えてくれる講師も雇わなきゃいけないし、教室の賃料だってあるのに「無料」で教えるの?


何か「裏」があるって思っちゃうますよね。

無料の着付け教室がなぜ運営できるか?そのからくりについてお話します。

なぜ無料の着付け教室が成り立つのか?


無料の着付け教室は、なぜ無料で運営できるのか。

着付け教室を運営するには、たくさんの経費が必要になります。
講師の給料や教室の賃料、広告も出さなければ生徒が集まりませんよね。

生徒に無料で着付けを教えたら、それはもうマイナスの大赤字▼

なのに無料なのは、なぜ?


無料の着付け教室の事業内容は「着付け教室」ではなく「きもの販売仲介業」だからです。



着物や帯の生産者と消費者である生徒を結ぶ、販売仲介業。
着物が好きな人を集める手段として、無料の着付け教室があるって感じですね。

だから、無料の着付け教室には、販売会があるのです。

以前は、販売会に関しての説明がなくお勉強会として生産者さんのところへ行き、そのままの流れで販売会になっていましたが、現在は、販売会の前に書面で説明がされ承諾書のようなものにサインをするそうです。

その中に、クーリングオフのことや強引な販売をしないこと、販売会終了後に参加者の退室を引き留めないことなどが明記されているので、販売会もの様子も変わっていると思います。


着付け教室の販売会は、販売しやすい?


着付け教室に通ってる生徒は、着物や帯に興味があるから着付けを習っています。
仕付けがついたままのものをたくさん持っていても、欲しくなるのが着物と帯です(笑)
興味があるものを欲しがってる人に売るのですから、売りやすいでしょう。

それから、もうひとつ!売りやすい条件があるんです。

無料の着付け教室に通っている方は、初心者がほとんどです。

練習は、既製品のポリきものだったり、リサイクルきものだったり、親戚にもらったきものだったりで、自分サイズのきものを持っていないことが多いのです。

自分サイズに誂えた着物は、着やすくてきれいに着られる」なんて言われたら、欲しくなっちゃう。
だって、練習してもグズグズでどこかスッキリとしない着姿が、誂えた自分サイズの着物ならピシッとするんじゃないかと思ってしまいます。

まぁ~実際、自分サイズの着物はとても着やすいし、スッキリして見えるんですよ。


私の体験した販売会



10数年前に無料の着付け教室に通ったことがあります。

10回くらいの内の2回セミナーといわれる販売会があって、絶対にお休みすることができなかったし、生産者さんのところや違う会場へ出向くのでかなりの時間を取られました。

京都の生産者さんのところに行った時には、誰も購入してないけどいいのかな~と思っていたのですが、後日、同じクラスの方とお茶することがあって、そのときに販売会で購入した色無地が出来上がってきたと話されていて、生産者から直接購入できて良い買い物だったと満足されていました。



欲しいものを買えば、良い買い物です。

欲しくないもの買えば「買わされた」になります。


無料着付け教室に対する考え方



無料で着付けを教えてくれるのだから、販売会は当たり前くらいに思ってください。
慈善団体じゃないんだから、どこかで利益を上げなければなりません。

それが販売会で、無料の着付け教室は着物や帯に興味がある人達を集める手段です。

でも、そのおかげで無料で着付けを習うことができるのです。

販売会で好みの物があって納得できる金額だったら購入すればいいし、欲しいものがなかったら買わなければいいのです。


販売会ってね、冷静に考えられなくなってる方、いるんですよ。
きれいなものを見て、体に当てられて、素敵~似合ってると言われて高揚しちゃうの。
ローンにすれば買えちゃうかも?と思って契約するけど、家に帰ってローン契約書を見て我に返るみたいな感じで、販売会では「買った」つもりでも、自宅では「買わされた」気分になる。
だから、販売会のクレームには「買わされた」が多いのです。

行く前に気持ちを決めておくといいですよ。
良いものがあったら買うのか、いくらまでなら買うのか、買わないのか。

私は、着物も帯を上限を決めて、一括購入できないものは買わないと決めています。


生まれ変わる無料の着付け教室



無料着付け教室の販売会の口コミを見ると、クレームや悪評の嵐です。


きもの友達数人も通った経験があって聞いてみると「あぁ~あそこはね~」とうんざり顔でどれだけスゴイ圧だったのかを語ってくれました。

無料の着付け教室=強引な販売

と思われるくらいに評判が悪く「買わされた」被害がたくさん出てきます。

それを受けてなのか、今は改善されてます。

開催教室が限られていますが、販売会のないコースがあります。

販売会の前に書面にて説明がされ、承諾書にサインをしての参加となります。
クーリングオフについて、強引な販売をしないこと、終了後に引き留めないことなどが記載されているので、生徒が安心して参加できるように工夫されています。
また、社長に直接届くハガキ「イエローカード制」が導入されて、嫌な思いをしたときなどは担当を変更してくれるなどの措置がとられています。

悪評高い無料の着付け教室もいろいろと改善されているので、前よりはいい感じになっています。


無料の着付け教室で着付けが覚えられるのか?


超初心者だと着付けの手順がわかるくらいです。

とりあえず着物を着て帯が結べるようにはなりますが、きれいに早く着るには練習が必要です。

自分で着られるようになればOKの方は、基本の着付けを習ったら後は自分で練習しましょう。
グズグズになるところがあれば、ネットで情報を探すと親切な着物好きさんが教えてくれたり、YOUTUBEに動画があったりします。

無料の着付け教室のなぜ?からくりは? まとめ


無料の着付け教室は、着付け教室ではなく「販売仲介業」だからです。

着付け教室は集客の手段で、生徒と生産者を結ぶ仲介業で利益を出しているので、それを理解した上で、無料で着付け教室に通ってください。

悪評だらけだった頃よりよくなった販売会ですが、販売されることは変わりはないので、お断りが苦手な方には無料の着付け教室は向きません。

冷静に判断してお断りができる方が、着物のことを知り、着付けの基本を習うには良いと思います。