着付け教室初心者コースの授業内容について

初心者向け着付け教室の授業内容 カリキュラム

着付け教室の授業内容は、どんなものなのか?

基本的に着付け教室の初心者コースは、足袋の履き方から始まり、肌襦袢・裾除け・長襦袢・着物の着方、帯結びまでを習います。講師の方がやって見せてくれるので、同じように自分もやって見せる、講師にチェックしてもらう、この繰り返しになります。
初級コースはきものに慣れることが第一なので、授業は楽しく進みます。
自分で着られるようになることが目的の場合、初級コースを受ければ十分着られるようになります。

着付け教室選びの参考になる各教室のカリキュラムをご紹介します。

いち瑠

いち瑠の初級コースは、きものの基本の着方を学ぶコースになっています。
足袋の履き方から、長襦袢・着物の着方、名古屋帯・袋帯の結び方までを7回の授業で習います。

初級コース 週1回(2時間)× 8回

  1. 足袋の履き方
    足袋の正しい履き方を学ぶことで、シワのないきれいな足袋になります。
  2. 肌着の着方
    肌襦袢と裾除けタイプ、それらがつながったワンピースタイプのどちらでもOKです。
  3. 長襦袢の着方
    きものをきれいに着るには、長襦袢の着方が重要です。
    長襦袢の着方が上手くいかないと、着崩れてしまいます。
  4. 普段着の着方
    紬や小紋などを普段着きものと呼びます。
    着る頻度の高いものなので、しっかりとマスターしたいです。
  5. 名古屋帯の結び方
    胴に巻く部分が始めから二つ折りになっている一重太鼓を結ぶ帯のことを名古屋帯と言います。
    帯結びから急に難易度が上がりますので、頑張りましょう。
  6. フォーマル着の着方
    訪問着や礼装着などのフォーマル着の着方をマスターすると、結婚式やパーティーへ招待されたときに、自分で着ることができるようになります。
  7. 袋帯の結び方
    袋帯は帯幅そのままの長い帯で二重太鼓にして、フォーマル着物に結ぶことの多い帯です。
  8. 課外授業おでかけレッスン
    実際にきものを着て出かけることでわかる着崩れポイントや立ち振る舞いなどが学べます。
入会金・受講料入会金 無料(体験レッスン当日入会)
受講料 4,400円(550円×8回)
受講期間週1回(2時間)全8回(おでかけ会1回)
教室場所北海道・東京・埼玉・神奈川・千葉・愛知・岐阜・大阪・京都・兵庫・岡山・山口・福岡
レンタルあり(無料)
無料体験あり 無料体験レッスン受付中 >>いち瑠 無料体験レッスン受付中

いち瑠 公式サイト >>

いち瑠 梅田校に通ったときの様子を下記記事にまとめています。参考になれば幸いです。


NPO法人 日本文化普及協会

日本文化普及協会の初心者向け 入門コースは、長襦袢まで、ふだん着3回、フォーマル着3回、総仕上げの復習となっています。

入門コース 週1回(2時間)× 8回

  1. 長襦袢の着方
    足袋・肌襦袢・裾除け・長襦袢の着方を習います。
  2. ふだん着の着方、帯結び
  3. ふだん着の着方、名古屋帯の結び方
  4. ふだん着の着方、名古屋帯の結び方
    2~4回、普段着と名古屋帯をマスターしましょう。
  5. 袋帯の結び方
  6. 装いの調和
  7. 礼正装の着方、帯結び
    5~7回、フォーマル着と袋帯を習うと、パーティーや結婚式に自装できるようになります。
  8. 総仕上げ
入会金・受講料入会金 無料
テキスト代 2,200円
教室使用料 1,210円×2ヶ月
講師認定料 5,500円
受講期間週1回(2時間)全8回
教室場所大阪(10)・奈良(4)・兵庫(1)・香川(3)・福井(2)・京都(1)・静岡(1)
レンタルレンタルパック 3,300円/2ヶ月(8回)
(着物/長襦袢/袋帯/名古屋帯/半幅帯/帯揚げ/帯締め)
無料体験あり

日本文化普及協会 公式サイト >>


青山きもの学院

着物の基本的な着方と帯の結び方を体験しながら、知識を身に着けていきます。

本科 週1回(2時間)× 12回

  1. 長襦袢の着方
    小物について、下着について、各部の名称
  2. きものの着方①
    帯締めの結び方、帯揚げの結び方
  3. きものの着方②
    名古屋帯の結び方(お太鼓①)、名古屋帯の知識
  4. 名古屋帯の結び方(お太鼓②)
    体型の補整
  5. 名古屋帯の結び方(お太鼓③)
  6. 名古屋帯の結び方(お太鼓④)
    織のきもの、染のきもの
  7. 名古屋帯の結び方(お太鼓⑤)
    寸法について
  8. 袋帯の結び方(二重太鼓①)
    帯袋の知識、文様について
  9. 袋帯の結び方(二重太鼓②)
    きものの格について
  10. 袋帯の結び方(二重太鼓③)
    立ち居振る舞い
  11. 袋帯の結び方(二重太鼓④)
    手入れと管理、季節による装い方
  12. 総復習
    修了証書授与
入会金・受講料入学金 2,750円
受講料 9,900円(3,300×3ヶ月)
教本代 2,750円
修了証書代 1,650円
受講期間週1回(2時間)全12回
教室場所東京(青山・日本橋・銀座・吉祥寺・荻窪)
レンタルあり(着物と帯の無料レンタル)
無料体験あり

青山きもの学院 公式サイト >>



きもの着付け文化学苑

きもの着付け文化学苑の初心者向け「はじめてのきもの着付けコース」は、6回の授業の内、帯結びは半幅帯と名古屋帯になっています。

はじめてのきもの着付けコース 週1回(90分)× 6回

  1. 足袋の履き方・肌着・長襦袢の着方
  2. きもの着方レッスン
  3. 半幅帯結びレッスン①
  4. 半幅帯結ぶレッスン②
  5. 名古屋帯結びレッスン①
  6. 名古屋帯結びレッスン②
入会金・受講料入学金 無料
受講料 3,300円(550円×6回)税別
受講期間1回(90分)全6回
教室場所仙台・埼玉・千葉・池袋・銀座・横浜・つくば・愛知・福岡
レンタルあり(練習用きもの 1回 550円)
無料体験あり

きもの着付け文化学苑 公式サイト >>


令和きもの学院

令和きもの学院の初心者向け 基本科は、足袋の履き方から長襦袢の着方、きものの着方、帯の結び方など自分で自分のきものが着られて帯が結べるよう、繰り返し練習します。

基本科 週1回(90分)× 10回

  1. 授業説明(講師実演)
  2. 長襦袢・きものの着方
  3. 半幅帯結び
  4. お太鼓結び[総柄]
  5. お太鼓結び[お太鼓柄]
  6. きもの・帯の苦手克服
  7. きもの いろはとマナー
  8. 袋帯のふくら雀
  9. 簡単なお太鼓結び
  10. 袋帯の二重太鼓
入会金・受講料入学金 無料
受講料 10,000円(1,000円×10回)
テキスト代 800円
受講期間週1回(90分)全10回
教室場所京都(4) 大阪(12) 兵庫(7) 奈良(2)
レンタルあり(着物・帯の無料レンタル)
無料体験あり

令和きもの学院 公式サイト >>


初心者コースのカリキュラム まとめ

おすすめ着付け教室のカリキュラムを確認しましたが、如何でしたか?

一口に初心者向けの初級コースといっても、各教室によって期間も内容も違います。
着付けの流れとちょっとしたコツを教えてもらえば、自宅で練習するわという方もいれば、細かいところまで講師にしっかりと教えてもらいたい方もいるでしょう。
カリキュラムの内容を確認して、自分の考えやペースに合った教室を選びましょう。

教室の雰囲気やカリキュラムの内容が確認できるので、無料体験レッスンがあるところは是非受けてみてください。

きものライフを楽しみましょう。